【Mercedes-AMG ONE】

「メルセデスAMGの創業55周年を記念し、F1技術を搭載した
公道走行可能なハイパーカーとして登場した。
F1マシン譲りの1.6リットルV型6気筒ガソリンターボエンジンを
ミッドシップに搭載する。ピストンやクランクシャフト、
電装システムが専用設計となり、エンジンは1万1000rpmと
非常に高回転まで回るのが特長だ。最大出力は574hp/9000rpmを発生する。

この1.6リットルV型6気筒ガソリンターボエンジンに、
フロント2個(163hp×2個)、ターボチャージャーと
エンジンにそれぞれ1個(122hpと163hp)の合計4個の
モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHV)とし、
加速時などにエンジンのパワーをアシストする。
PHVシステム全体のパワーは1063hpだ。」

なんだかいろいろすごい車だけど
この車もいつか東京でも見かけるのかなぁ。。。



ロードゴーイングF1、メルセデスAMG『ワン』は最高速352km/h[詳細写真] | レスポンス(Response.jp)

シェアする