【THE UNSEEN SAUL LEITER】

何の変哲も無いものを写して
そのなかに“特別な何か”を見つけるのが好きなのです
—ソール・ライター

アトリエに遺された未発表スライドから厳選全世界同時刊行

青幻舎が、日本初の写真集『ソール・ライターのすべて』を刊行してから5年、本書は19刷を重ねるロングセラーとなり、欧米およびアジア圏の国で刊行されるという、アート本としては驚異的展開となりました。
『ソール・ライターのすべて』では、仕事としての「ファッション写真」、極めてプライベートなモノクロ「ヌード写真」、そして「ストリート・フォト」の3つの柱としてソールの全体像を伝えましたが、ソールの真骨頂はなんといっても「ストリート・フォト」といえるでしょう。

2013年、ソールは亡くなる直前、ギャラリストとして晩年深く親交したマーギット・アーブに自分の作品を託しました。その後、マーギットは夫であるマイケルとともにソール・ライター財団を設立。最大の優先課題として取り組んだのが、アトリエに無造作に遺されたままになっていた数万点に及ぶ膨大な数のカラースライドを、デジタル化する「スライド・プロジェクト」でした。剥き出しのままになっていたり、箱と中身が違っていたり、整理は難航を極めながらも財団スタッフと協力者の情熱に支えられ、約10年の歳月を経て、その成果として本書の刊行に結実しました。

——————————————

これはジャケ買いしたくなる一冊
こいうい写真、撮れるようになりたいなぁ。。。。


シェアする